世界初!水の中で働く「水環境電池」誕生

水環境電池技術のメカニズムとは

水の中でイオン化傾向(又は電位差)の異なる2種類以上の金属を組み合わせると電池が形成される事は電気化学分野では公知である。
弊社が有する水周り製品開発技術と表面処理技術の知見から、水中ではイオン化傾向の近接している金属を合金化した場合、金属表面の電子配列が乱れる事により、ミクロ腐食電池が均一に起こり、粒状に溶出せずイオンとなって溶出する現象を見つけ、これを水環境電池に応用する事を考えた。(*特許登録2012年1月13日 特許第4901995号・実用新案登録2011年11月16日登録第3172242号)

水環境電池の基本構造は、(-)電極に、亜鉛をベースにイオン化傾向の近接したマグネシウムを微量含有させ、飲用水として必須の微細な濁りも無い、清く澄んだおいしい水を得ることを目的に、亜鉛-マグネシウム合金表面の電子配列を乱してミクロ電池を形成使用。(+)電極には錆びず水に臭いの移らないSAS304ステンレス鋼材を使用、中間にプラスチック製の間隔保持部材を配列し、均一な隙間空間を介して同軸上に重ね合わせて電池を形成した。























常温の水で10年以上使用可能、交換不要、維持費0円! その根拠とは。
Hybrid浄水カートリッジ及びHybrid浄水シャワー内蔵カートリッジは、常温で10年間は(−)電極を交換せずに使用することが出来ます。
その根拠は「水道管に施されている亜鉛メッキ被膜」は、高圧と高速で流れる水と、水中の酸素によって「年間約0.01ミリメートル」溶解すると言われています。それに対しHybrid浄水カートリッジに使用している(−)電極の亜鉛・マウネシウム合金は、水中の酸素に加え、電池作用で溶解する亜鉛・マウネシウムの量は「水道管に施されている亜鉛」とほぼ同等の「年間約0.01ミリメートル溶解」することが、2年間の検証結果から証明された事にあります。

交換不要、維持費0円! その根拠とは。
元来、浄水器に使用されている活性炭カートリッジは、3〜4ケ月で交換しなければなりません。その活性炭カートリッジに替わるHybrid浄水カートリッジは、常温(20℃)で使用される場合は、およそ10年間は(−)電極を交換せずに使用することが出来ます。よって、こまめに交換する必要がないことから、交換不要と記載しており、また、その10年間は維持費が不要であることから0円!と記載しております。

一般家庭でご使用される場合の、(−)電極の交換頻度
Hybrid浄水カートリッジを、普通のご家庭で、普通にお湯と水を使用された場合、(+)電極SUS304ステンレス筒は消耗しないので交換する必要はありません、20年〜30年使用出来ます。(−)電極は2〜3人家族の場合で8〜9年、4〜5人家族の場合は7〜8年の交換頻度での使用が推定できます。

Hybrid浄水シャワーを、普通のご家庭で、普通にお湯と水を使用された場合も、(+)電極SUS304ステンレス筒は消耗しないので交換する必要はありません、20年〜30年間は使用出来ます。(−)電極は2〜3人家族の場合で7〜8年、4〜5人家族の場合は6〜7年の交換頻度での使用が推定できます。

(−)電極の交換時期の判断の目安は、電極が消耗して効果が得られなったとき、例えばシンクの排水口にヌメリが付きだす、カルキ臭がする、などが交換の目安となります。

常時お湯を使用される場合は5年程度で交換が必要となります。
例えば仕事の関係で、常に60度前後のお湯を大量に使用される場合、或いは、介護施設などで、連続して多量のお湯を常に使用される場合などは、(−)電極のみ5年程度で交換が必要となります。

尚、交換する(−)電極につきましては4,800〜5,800円(税別)で自社ホームページ内にて販売しております。

製品についてのお問い合わせはこちら


※当ホームページに記載された内容は、研究成果等による個人の感想であり、効能・効果を保障するものではありません。